グローバルライフ株式会社|2040年までに使用電力100%を再エネに

こんにちは、グローバルライフ株式会社です。

再生可能エネルギーについて取り組んでいる企業様が多くなりました。
本日はこの話題をどうぞ。

ソニーもRE100加盟 2040年までに使用電力100%を再エネに

ソニー(東京都港区)は9月10日、同グループにおける環境負荷ゼロの達成のため、事業で用いる電力を100%再生可能エネルギー化することを目標に掲げる企業の国際イニシアチブ「RE100」に加盟したと発表した。2040年までに自社の事業活動で使用する電力を100%再生エネルギーにすることを目指す。

同社は、再エネの導入を加速するため、主に4つの取り組みを推進する。1つ目としては、すでに事業所の電力を100%再エネ化した欧州に加え、北米や中国での再エネ導入を拡大する。2つ目は、タイや日本などの製造事業所での太陽光発電パネルの設置を進める。

3つ目は、複数の半導体の製造事業所を有し電力消費が多い日本において、「自己託送制度」を活用した事業拠点間での電力融通の仕組みを構築するもの。太陽光発電パネルなどの再エネ自家発電設備により作られた電力を、電力会社が保有する電力網を介してソニーの事業所へ供給することを検討していく。

そして4つ目に、日本において、経済的かつ安定的に充分な量の再エネが供給されるよう、RE100加盟の他企業とともに再エネ市場や政府への働きかけを強化することを挙げている。

再エネ証書や太陽光発電パネルなど導入

ソニーグループは、2050年までに自社の事業活動と製品のライフサイクルを通して「環境負荷ゼロ」の実現を目指す環境計画「Road to Zero」を長期的ビジョンとして掲げている。RE100への加盟はこの環境計画の一環として実施したもの。

またソニーは現在、環境計画の達成に向け、環境中期目標「Green Management(グリーンマネジメント)2020」(2016年度~2020年度)の施策を実行している。その重点項目の一つが再エネの活用だ。2020年度までの5年間累計で、再エネの活用によるCO2削減貢献量を30万トンと目標設定しており、2017年度までの2年間累計で約15.4万トンの削減貢献を実現した。現在、再エネ証書スキームの活用や太陽光発電パネルの設置など様々な形で再エネの導入を加速している。

日本の総電力消費量の1.3%以上に

「RE100」は、気候変動対策を推進することをミッションに掲げる国際NGO団体のThe Climate Groupが、国際NPO団体のCDPとのパートナーシップの下で運営する。全世界で140社(2018年9月10日現在)が加盟する。

日本における「RE100」については7月20日、持続可能な脱炭素社会の実現を目指す日本独自の企業グループ、日本気候リーダーズ・パートナーシップ(Japan-CLP/神奈川県葉山町)が、新たに富士通(東京都港区)など3社がRE100に加盟し、日本企業の加盟は計10社となったと発表した。加盟10社の電力消費量を合計すると約120億kWh(一部海外拠点を含む参考値。大半が日本国内での消費量)で、日本の総電力消費量の約1.3%に相当するという。

Japan-CLPは、近年、気候変動によるビジネスリスク・機会に関する認知の高まりを受け、ビジネス戦略の一環として自社事業を脱炭素化し、ソリューション創出によってビジネス機会を獲得する動きが加速していると説明している。

引用URL:https://www.kankyo-business.jp/news/021120.php

 

いかがでしたか?
今後もこういった企業様が増えていくことを期待したいですね!

太陽光発電、スマート電化のことなら、ぜひお気軽にグローバルライフまでお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちらから

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

グローバルライフ株式会社 | Global Life
〒130-0013 東京都墨田区錦糸3-2-1 アルカイースト4F
TEL 03-6853-8800
FAX 03-6853-8801
お客様窓口 お問合せ/お見積り
TEL 0120-997-229

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

^